サイト内の現在位置

ニュースリリース

飲食・小売業向けのクラウド型モバイルPOS「POS+(ポスタス)」
「全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)」と連携開始
「POS+」の売上データを自動で「クラウド会計ソフト freee」に取り込み 
手入力なしの正確・簡易な経理業務を支援

2014年9月4日

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役兼社長執行役員:長井 利仁、以下IBS)と、freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔)は、飲食・小売業向けクラウド型モバイルPOS「POS+」と、「全自動のクラウド会計ソフト freee」のデータ連携を開始することを発表します。

「POS+」は、IBSが提供する、iPhoneやAndroid 端末のスマートフォンやタブレットに対応したクラウド型POSです。「POS+」アプリをモバイル端末にインストールすることで、注文の入力・会計処理のデバイスとして利用できます。
「クラウド会計ソフト freee」は、freee株式会社が提供する、簿記の知識がなくても簡単に使えるクラウド会計ソフトです。売上データや銀行口座の明細などを自動で取り込み、会計・経理業務を効率的に行うことができます。

本連携により、「POS+」に記録された全ての売上データ(※)を、自動で「クラウド会計ソフト freee」に取り込み、経理処理を行うことが可能となります。店舗の担当者は、売上などの情報を手作業で入力することが不要になるため、経理業務にかかる時間を大幅に節約できるだけでなく、誤入力のない正確な売上管理が実現できます。また、連携される売上データには店舗名称、伝票番号の情報が付加されるため、詳細なデータ分析が可能となります。

※「POS+」から「クラウド会計ソフト freee」に自動連携されるデータ
・現金/クレジットカード/その他決済(商品券、電子マネーなど)の売上高
・入出金情報
・売上金修正情報(赤伝票、黒伝票)
・売上に付随する店舗、伝票情報

両社は、企業のサービス向上にむけた様々なソリューションを提供することで、ビジネスの更なる成長を支援して参ります。


本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス