サイト内の現在位置

ニュースリリース

2011年3月10日

総合人材サービスのインテリジェンス
大阪府「eビジネス&デザインセンター事業」を受託
企業の海外事業やeコマース導入を支援 若年未就職者365人を雇用し育成

総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)は、大阪府より、「高度総合事務センター事業(eビジネス&デザインセンター事業)」を受託したことを発表します。

同事業は、各種サービス提供機関と連携しながら多様なサービスを提供し大阪府内の企業を支援するもので、受託内容は、海外への事業展開、観光客誘致活動支援のほか、eコマースによる販路拡大、財務・会計管理、ITシステム導入など多岐に渡ります。事業拠点となる業務受託センターを大阪市内に開設し、4月よりサービス提供を開始します。2012年3月までの事業実施期間中、企業は原則無料でサービスを利用できます。

また同事業は、大阪府の雇用創出と地域人材の育成を目的とする「緊急雇用創出・地域人材育成事業」の一環として行われるもので、インテリジェンスでは、既卒3年以内の未就職者を中心とした365名を「地域人材訓練生」として新規雇用します。訓練性は、事業を通じ、様々な事務サービスを営業から納品まで一貫して担当することにより、正社員雇用につながる総合的なスキルの獲得を目指します。

訓練生の採用活動は、ハローワークや当社の求人情報サービス「an」、大学、短大、各種専門学校等を通じて2月より開始。採用後は、1カ月間の研修を実施し、ビジネスマナーのほか、職種に応じた業務知識を習得してもらいます。その後も個々の適性を見極め、必要なアドバイス、雇用管理のもとで、研修と実務を効果的に組み合わせながら、育成を行っていきます。

インテリジェンスは、アウトソーシング事業運営のノウハウのほか、eコマースに特化したアウトソーシング・専門人材採用支援の子会社「ECパートナーズ」、中国で15年以上にわたり人材サービスを展開する当社中国法人、インテリジェンス中国(英創人材)の事業展開で培ってきたノウハウや専門人材の育成プログラムを活かし、eビジネス&デザインセンターの早期立ち上げとサービス拡大を図っていきます。

【実施概要】

事業名称

高度総合事務センター事業(eビジネス&デザインセンター事業)

取組内容

・業務受託センター「eビジネス&デザインセンター」を開設し、アジアを中心とした海外への事業展開や観光客誘致活動の支援のほか、eコマースによる販路拡大、財務・会計管理、ITシステム導入など、多様なサービスを提供。企業のサービス利用は原則無料。
・受託業務にあたる人員は、卒業後3年以内の未就職者を中心に365名を新規採用。1カ月間の研修とその後の事業運営を通じて、人材を育成。

期間

2011年2月〜2012年3月

主な支援内容
(企業向け)

<海外事業展開支援>
・外国語ホームページ、外国語資料作成(中国語、英語、ハングル)
・中国人向け情報発信(中国人向けの情報誌、Webサイトへの掲載支援)
・海外eコマース支援(中国ECサイトへの出店支援)
<eビジネス支援>
・ECサイト立ち上げ支援(サイト・システム立ち上げ)、運営支援(サイト更新)
・スマートフォン用ホームページ制作
<その他>
・財務・会計管理支援(損益シミュレーション作成)
・IT環境整備支援(ホスティングサーバ導入支援)

採用人数

365人

拠点

eビジネス&デザインセンター
(大阪市浪速区湊町2丁目1番地7号 ルネッサ難波ビル 5F・6F)

問い合わせ先

株式会社インテリジェンス 「高度総合事務センター事業」事務局
TEL:06-6648-6517

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html