サイト内の現在位置

ニュースリリース

求人情報サービス「an」調べ
2013年9月 アルバイト平均時給 全国平均974円
~前年比、前月比ともにプラス 時給上昇各所で
消費増税前の駆け込み需要見込み、自動車、アパレルで採用拡大~

2013年10月22日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する求人情報サービス「an」では、求人情報メディア(PC・モバイル・スマートフォンサイト、有料求人誌、フリーペーパー)に掲載された求人広告から173職種について、平均時給を分析しています。2013年9月の結果がまとまりましたのでお知らせします。

  • ※調査は2002年より行っております。過去のデータをご覧になりたい場合は、広報部までお問い合わせください。
  • ※「an」で実施しております意識調査や求人情報に関するデータは、採用企業向け情報サイト「anレポート」<http://weban.jp/contents/an_report/>にて公開しております。

【全体】~平均時給 974円。前月比1円の増加、前年比4円の増加

2013年9月の全国平均時給は974円(前月973円、前年同月970円)で、前月比で1円の増加、前年同月比では4円の増加となりました。また、「an」に寄せられた求人数(※)は前月比+21.0%、前年同月比+44.6%と、高い水準を維持しています。

【エリア別】~関西エリアが前年比プラスに

2013年9月のエリア別平均時給は、関東エリアが1,027円と最も高く、次いで東海エリア(970円)、関西エリア(961円)、九州エリア(848円)、北海道エリア(836円)の順となりました。
対前年増加率は、関東エリア(‐0.3%)、東海エリア(‐0.5%)でマイナスでしたが、北海道エリア(+1.8%)、関西エリア(+0.5%)、九州エリア(+0.6%)の3エリアでプラスとなり、全体では+0.4%でした。

【職種別】~「フード系」は21カ月連続、「サービス系」は3か月連続で前年比プラスに

2013年9月の職種別平均時給は、「専門職系」(1,080円)が最も高く、次に「運輸職系」(1,076円)、「事務系」(1,024円)、「サービス系」(1,002円)、「技能・労務系」(972円)、「フード系」(943円)、「販売系」(921円)と続きました。
対前年増加率は、21カ月連続でプラスとなった「フード系」(+1.6%)、3カ月連続でプラスとなった「サービス系」(+2.8%)のほか、「販売系」(+2.4%)でもプラスとなり、全体では+0.4%でした。

【市場動向 2013年7月~9月】~警備、エステ、アパレル販売…「フード系」以外も時給上昇傾向に

深刻な人不足が続いているアルバイト市場。9月に入り、年末の繁忙期に向けて採用を強化する企業が増え、求人数は前月より21.0%増加しています。例年年末にむけた人材採用は夏の繁忙期が終了した9月からスタートする企業が多いですが、今年は一足早く、7月ごろから採用を始める企業も見られました。また、人材採用が困難を極める中、時給を上げて採用に踏み切る企業も一部に見られています。従来から時給上昇が続いていた「フード系」だけでなく、警備やエステ、カラオケといった「サービス系」、アパレル販売やコンビニなどの「販売系」職種でも時給が上昇傾向にあります。10月には最低賃金の引き上げも控えているため、比較的時給の低い「販売系」を中心に、時給の上昇傾向が続く見込みです。

そのほかのニーズの高まっている職種としては、EC市場の拡大や、大型の物流施設の建設ラッシュを背景とした配送・郵便・運転手、倉庫内での仕分け・梱包・商品管理のほか、消費増税前の駆け込み需要を見込んだ、自動車工場の製造工、高額商材を扱うアパレル販売が挙げられます。

※詳細資料やグラフは下記よりご覧いただけます。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス