サイト内の現在位置

ニュースリリース

転職サービス「DODA(デューダ)」調べ
転職理由調査 2015年上期版を発表
~4年連続1位「ほかにやりたい仕事がある」「ポジティブ転職」の傾向持続~

2015年5月11日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、2014年10月~2015年3月にDODAに登録した転職希望者のうち約30,000人を対象に、転職理由についての調査を行いましたのでお知らせします。

※ 調査結果の詳細や、男女別のデータはDODAサービスサイトにて公開しています。

【 調査結果 】

【総合】 環境や待遇改善に関心を向けた転職理由が増加

2015年上期の転職理由調査では、1位「ほかにやりたい仕事がある」(12.4%、前回比-0.7pt)、2位「会社の将来性が不安」(9.5%、-0.6pt)、3位「給与に不満がある」(7.4%、-0.1pt)という結果になりました。1位から3位まで前回調査(転職理由ランキング2014下半期、以下「前回」)と同じ順位となりましたが、いずれもポイントは減少しています。10位以内で唯一ポイントが増加したのは、前回10位だった「雇用形態を変えたい」(2.6%、+0.1pt)。1つランクを上げて9位となりました。今回の特徴として、1位と2位の回答割合が下がった一方で、働く環境や待遇の改善を理由とした転職の割合が増加したことがあげられます。<図表1・2>

【業種別】業界ごとに異なる背景から、転職理由も変化

8つの業種中、「ほかにやりたい仕事がある」が1位だったのは、前回から1つ減った6業種。残りの「メーカー」と「メディカル」では、「会社の将来性が不安」が1位になりました。「金融」では、前回8位だった「ノルマが厳しい」がプラス3.4ptで2位にランクアップ。また、「メディア」「小売り・外食」「サービス」の3業種では、前回10位圏外だった「市場価値をあげたい」という理由が新たにランクインしました。<図表3>

【解説】求人数増加を受け、求職者の選択肢拡大

今回は2008年の調査開始以来、初めて「会社の将来性が不安」の割合が10%を切りました。また、「業界の先行きが不安」、「倒産/リストラ/契約期間満了」は、ポイント、順位ともに前回を下回っており、好調な市場の影響を受け、会社都合による退職や、業界・会社に対する不安感を理由とした転職が減少しつつあると考えられます。一方で、求人数は増加傾向が続いており、選択肢の広がった求職者は、仕事内容そのものだけでなく、就業環境や待遇の向上にも関心を持つようになっています。さらに、現状に不満はないものの、他によりよいところがあれば転職を考えたいといった層も増えてきていると考えられます。(解説:DODA編集長 木下 学) 

【調査概要】

データ出典 DODAサービスにご登録いただいている方のデータを元に集計
データ抽出期間 2014年10月~2015年3月
有効回答数 29,087件




本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス