サイト内の現在位置

ニュースリリース

転職サービス「DODA(デューダ)」調べ
転職成功者平均年齢32.0歳、過去最高を更新
40歳以上の転職者は7年半で5.4倍に
~ 2014年下半期 転職成功者の年齢調査を発表 ~

2015年2月2日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、2007年7月~2014年12月の7年半の間に、DODA転職支援サービスを利用して転職したビジネスパーソン、約7万8千人の年齢について調査を行いましたのでお知らせいたします。

※職種別などレポート全文は、DODAサイトにて公開しています。

■ 転職成功平均年齢、過去最高の32.0歳に <グラフ1>

転職者の平均年齢は、2008年1~6月期の29.2歳から上昇が続き、2014年12月までに過去最高の32.0.歳となりました。また、前回2014年上期からも0.3歳アップしています。

■ 35歳以上の割合が27.0%と過去最高を更新 <グラフ2>

2007年下期と比較すると、「35~40歳」(8.0%→14.8%)、「40歳以上」(2.5%→12.2%)の割合が大きく増加。この7年半の間で、35歳以上の割合は、10.5%から27.0%となりました。

■ 解説 <グラフ3>

転職成功者の割合からは、「ミドル層が増え、若手層が減っている」ように見えますが、実数では、若手層、ミドル層とも2009年下期以降は、増加傾向が続いています。特に「40歳以上」は、2007年下期から5.4倍と大幅に増加しました。求人数の増加に伴い、年代を問わず、中途採用が活発化しています。
景況感の回復にともない、新規事業立ち上げや既存事業への大型投資などが増え、スピーディーに成果を出せる人材の需要が高まっています。その結果、即戦力であるミドル層が注目されるようになりました。さらに、ITや建築など、空前の人材不足となっている業界を中心に、採用条件が緩和されるなど、従来よりも採用ターゲットが広がっています。こうした流れを受け、ミドル層の転職意識もより前向きになっており、「35歳以上」の割合が一段と増えています。

最新のDODA「転職求人倍率レポート」 でも、求人数が調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新するなど、転職市場は活況な状態です。そのような中で、今回のデータからも分かるように、今の転職市場は、応募者が「何歳か」ということではなく、「キャリアそのもの」が評価されています。職種特有の専門スキルはもちろんですが、自分では特別なキャリアと気づいていない、業界や職種の経験自体がキャリアとして認められることもあります。また複数の職種や業界を経験している人は、“キャリアの掛け算”で市場価値が上積みされることもあります。「今後どんな経験が強みにつながっていくのか」や「年齢に応じたキャリアとは何か」を踏まえてこの先のキャリアアップを考えていくことが必要になってきています。(DODA編集長 木下 学)


本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス