サイト内の現在位置

ニュースリリース

転職サービス「DODA(デューダ)」 グローバル採用の実態調査2014
TOEIC®スコア保有者、転職成功率が1.23倍に
~ 英語力の有無と転職成功率を調査 景気回復で英語が必要な求人割合は減少 ~ 

2014年5月12日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職 サービス「DODA(デューダ)」は、DODA転職支援サービスに登録した約34万人(2013年度)のデータと、DODAが保有する約33万件(2005年1月~2014年3月)の求人情報をもとに、「英語力と転職成功率の関係」と、「企業が求める英語力」ついて調査を行いましたのでお知らせいたします。
※ 調査結果の詳細は、「DODAホンネの転職白書」に掲載しております。

【 調査結果概要 】

■TOEIC®スコア保有者の転職成功率は1.23倍  金融、メディカル、メーカーで顕著

TOEIC®スコア保有者の転職成功率は、TOEIC®スコアを持たない人よりも1.23倍高く、転職において英語力がプラスの評価につながっていることが分かりました。
男女別では、男性のTOEIC®スコア保有者の転職成功率がスコア無の人の1.22倍であったのに対し、女性は1.26倍。女性は男性よりも英語力が転職に有利に働くようです。これは、貿易、翻訳・通訳など英語が求められる職種に女性が多いことや、ダイバーシティを推進している外資系企業において、語学力が必要とされるポジションで女性の転職が多くなっていることも影響していると見られます。
職種別では、最も英語力が転職成功率に寄与しているのは金融専門職とメディカル系専門職でともにTOEIC®スコア無の人の1.68倍。次いで、モノづくり系エンジニアが1.65倍と続きます。金融業界、メディカル業界は外資系企業が多いほか、金融専門職では日常的に海外マーケットを相手にすることなども影響しているようです。モノづくり系エンジニアは、海外での生産、販売の拡大をするメーカーの増加に伴い、英語が求められるようになっています。<図表1>

■国内景気回復で英語力が必要な求人割合は減少

DODAが保有する求人のうち、英語力が必要とされる求人の割合を見ると、初級レベル(簡単な読み書きや会話ができる。TOEIC®テスト ~500点)は、2005年から年々割合を増やし、2010年には50%を突破。その後、60%弱で高止まりしていましたが、2013年は53%、2014年(3月末時点)には48%と減少しています。国内の景気回復の影響で、国内営業などの英語が必須ではない求人が急速に拡大したことや、英語は入社後でも高められるスキルと捉え、職種の専門性やマネジメント力などを重視する企業が増加していることが影響していると見られます。<図表2>

■TOEIC®スコア保有者はまだ少数 可視化することで差別化を

国内景気の回復などにより、英語力が必要な求人割合は過去に比べて減少していますが、今や、英語はビジネスパーソンにとって当たり前のスキル。一定の英語力は当然と捉え、あえて英語力を必要条件としない求人もあります。今後一層グローバル化が進む中、転職市場で英語力が必要なくなることはまず考えられません。一方、2013年度にDODA転職支援サービスに登録したビジネスパーソンのうち、TOEIC®スコア保有者は約2割。自分の英語力を可視化できている人は少数であることがわかります。英語力は、実務上で英語を使っていたかどうかも評価されるので、スコアが全てではありませんが、定期的に数値化しておくことは、転職活動での差別化ポイントになるでしょう。(解説:DODA編集長 木下学)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス