サイト内の現在位置

ニュースリリース

転職サービス「DODA(デューダ)」調べ グローバル採用の実態調査2013
英語力が必要とされる求人割合 55.6%
~2011年以降高止まり 企業が英語力以外も重視する傾向に~

2013年7月22日

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職 サービス「DODA(デューダ)」<http://doda.jp>は、DODAが保有する約20万件(2005年1月~2013年5月)の求人情報を基に、企業が求める英語力について調査を行いましたのでお知らせいたします。

※調査結果の詳細は、「DODAホンネの転職白書」<http://doda.jp/guide/saiyo/006.html>に掲載しております。

調査結果概要

英語力が必要とされる求人割合は2011年以降、高止まり

図表1

DODAが保有する求人のうち、英語力が必要とされる求人の割合をレベル別に見ると、初級レベル(簡単な読み書きや会話ができる。TOEIC(R)テスト ~500点)は、2005年の4.2%から年々割合を増やし、2010年には50%を超え、その後は現在まで60%弱で推移しています。

上級レベル(ビジネスにおける商談・交渉ができる。TOEIC(R)テスト 800点~)についても、2005年の1.0%から2011年の28.6%まで右肩上がりに上昇、以降30%弱で高止まりをしています。

国内の景気回復で英語不要の求人が増加

英語力が必要とされる求人の割合が高止まりしている背景の1つには、国内の景気が回復基調にあることにより、国内営業や販売・サービスなどの英語力が必須ではない求人が増加していることが挙げられます。

2013年1月~5月の新規求人数の増加率が前年比+7.8%であったのに対し、英語力が必要とされる求人は前年比+3.9%でした。円安を背景として海外投資を積極化させている企業もあるため、英語力が必要とされる求人も増加はしているものの、それを上回るペースで国内市場に向けた求人が増加しています。

企業が英語力以外も重視する傾向に

また、企業の英語力に対する考え方の変化も見られています。2011年ごろまでは「まずは英語力のある人を」と、英語力を最重要視する企業が多くありましたが、最近では、英語力は入社後の研修や自力の学習でも身につけられるという考え方が広がりつつあります。そのため、英語力よりも職種の専門性や、能力の伸長に時間のかかる「現状分析力」「課題特定力」「計画立案力」「業務遂行力」「変化対応力」などの仕事の進め方に関する力や、「マネジメント力」「外部コントロール力」などの人と関わる力が重視されるようになってきています。

もちろん、英語力が必要とされる求人は依然多く、英語力が評価にプラスであることに変わりはありませんが、英語力だけが武器になる時代ではなくなっています。キャリアの価値を高めるためには、英語力にプラスしたスキルアップをしておくことが重要と言えそうです。

調査概要

2005年1月~20013年5月にDODAに寄せられた求人情報約20万件を対象に調査

本件に関するお問い合わせ先

株式会社インテリジェンス