サイト内の現在位置

ニュースリリース

2012年4月10日

転職サービス「DODA(デューダ)」
従業員満足度が高い業種 1位は「メディア/広告」
〜 業種別の従業員満足度ランキング 〜

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」<http://doda.jp>は、25歳〜39歳のビジネスパーソン1,000人を対象に、現在就いている職業について、給与・就業環境・仕事内容それぞれの満足度調査を行いましたのでお知らせします。

※調査結果の詳細は、「DODAホンネの転職白書」<http://doda.jp/guide/ranking/053.html>に掲載しております。

【 調査結果概要 】

■ 業種別の従業員満足度ランキング —1位は「メディア/広告」
従業員満足度の総合ランキング1位は「メディア/広告」という結果になりました。内訳を見ると、給与と就業環境の満足度が9業種中1位でした。その一方で、仕事内容の満足度は8位と低く、DODAが調査した『業種別の転職理由ランキング』でも、「他にやりたい仕事がある」という転職理由が「メディア/広告」は最多でした。給与・就業環境が満足度を上げている一方で、仕事内容に対して不満を抱えている人が多いことが垣間見えます。
次いで、総合ランキング2位の「メーカー」、3位の「金融」は、給与・就業環境・仕事内容の3項目すべてが3位以内にランクインしており、全体的に満足度が高いことがうかがえます。一方、総合ランキング最下位は「小売/ 外食」で、3項目ともワースト3に入り、全体的に満足度が低いことがわかりました。 <図1>

■ 平均年収と給与満足度 —満足する年収額が業種によって異なる?
平均年収と給与満足度を比較してみると、「メディア/広告」は平均年収、給与満足度ともに1位でした。また、「小売/外食」や「サービス」は、平均年収、給与満足度ともにワースト3に入り、年収と満足度が連動しているように見えます。
一方、平均年収の順位に比べ給与満足度の順位が高い業種は、「メーカー」(平均年収4位、満足度2位)と「メディカル」(平均年収7位、満足度4位)でした。その反対に、平均年収が高いにもかかわらず、給与満足度の順位が低いのは「IT」(平均年収3位、満足度6位)、「建設/不動産」(平均年収6位、満足度9位))という結果になりました。このように、年収と給与満足度は必ずしも比例するわけではないと考えられます。 <図2>

■ 残業時間・年間休日数と就業環境の満足度 —休日数が多いと満足度高い傾向
残業時間と就業環境の満足度について比較してみると、相関関係はほとんど見られませんでした。一方、年間休日数と就業環境の満足度について同様に調べてみると、休日数が多いほど満足度が高く、休日数が少ないほど満足度が低いという傾向が見られました。
この結果から、残業時間より休日数の方が、就業環境に対する満足度を左右すると考えられます。<図3>


【 調査概要 】
■対象
ホワイトカラー系の正社員として就業中の25歳〜39歳の男女
■調査期間
2011年10月22日〜2011年10月23日
■調査方法
インターネットリサーチ
■有効回答数
1,000件
■集計方法
給与、就業環境、仕事内容の各満足度を点数(100点満点)で回答してもらったものを集計




本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html