サイト内の現在位置

ニュースリリース

2009年9月15日

転職サービス「DODA」調べ ビジネスパーソンの残業時間実態調査
年代別、職種別の残業時間を比較
~1ヶ月の残業時間 20時間未満が約半数~

株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」<http://doda.jp>は、関東、関西、東海地域在住 22歳~39歳のビジネスパーソン1,218人を対象に、残業時間の実態調査を行いました。

※調査結果の詳細の解説は、DODAサービスサイトにて公開しています。
http://doda.jp/guide/ranking/022.html
※図表、データの詳細数値は、下記をご確認ください。

【調査結果概要】

■【残業時間の過去比較】~残業時間は減少。残業規制やワーク・ライフ・バランス推進が影響
1ヶ月の残業時間で最も回答が多かったのは「20時間未満」で36.0%。次いで、「20~40時間未満」(28.3%)、「40~60時間未満」(15.4%)と続きました。月間の残業時間が20時間に満たない(「残業なし」「20時間未満」)と回答した人が48.1%と約半数にのぼります。2007年の調査結果では、「残業なし」が8.7%、「20時間未満」が33.3%で、20時間に満たないと回答した人は合計42.0%となっており、2年前と比較して6.1ポイント増加する結果となりました。また、80時間以上と回答した人は3.2%で、この2年間で3.7ポイント減少。景気低迷により、残業規制による雇用調整を行った企業が増加していることに加え、近年のワーク・ライフ・バランスを推進する動きも残業時間減少の追い風となっていると考えられます。(図表1参照)

■【属性別の残業時間】~社会人3年目から残業時間が増加。一番少ないのは企画・事務職
男女別の結果をみると、男性は「20~40時間未満」が31.7%で最多となったのに対し、女性は「20時間未満」が46.0%で最多となりました。「残業なし」「20時間未満」を合計した割合をみても、男性39.3%に対し、女性64.6%で、25.3ポイントもの差がついており、男性の残業時間の長さを表す結果となりました。(図表2参照)

年代別では、22~24歳の若い年齢層で、「残業なし」「20時間未満」の回答比率が高くなっています。同比率が最も低い35~39歳と比べると、23.3ポイントの差が開いています。社会人3年目頃からは、一定の業務経験を積み、任される業務範囲も広がっていくことで、残業時間も増えていく傾向にあることがうかがえます。(図表3参照)

職種別では、企画・事務系で「残業なし」「20時間未満」の回答率がもっとも高く、59.0%と6割近くの人が20時間未満の残業時間であることがわかりました。一方、40時間以上(「40~60時間未満」「60~80時間未満」「80時間以上」)の比較的長時間の回答率を見ると、「営業系」が35.6%で最多。次いで、「IT系エンジニア」(28.3%)、「モノづくり系エンジニア」(25.4%)と続きました。「営業系」は、顧客の状況に応じて対応や提案準備に時間を要する傾向にあることと、エンジニア職は開発納期が迫ると残業時間が長くなる傾向にあり、「販売・サービス系」「企画・事務系」に比べ長時間になっていると考えられます。(図表4参照)

【調査概要】
■対象
関東、関西、東海地域在住 正社員として就業中の22~39歳の男女
■調査期間
2009年4月1日~4月3日
■調査方法
インターネットリサーチ
■有効回答数
1,218件

<図表1>1ヶ月間の残業時間



<図表2>男女別 1ヶ月間の残業時間



<図表3>年代別 1ヶ月間の残業時間



<図表4>職種別 1ヶ月間の残業時間

<転職サービス「DODA」について>
総合人材サービスの株式会社インテリジェンスが運営する「DODA」は、専任のキャリアコンサルタントによる「転職支援」とインターネットサイト上における「求人情報」という2つのサービスをワンブランドで展開する転職サービスです。サイトには厳選された豊富な求人案件が掲載されているほか、人材紹介会社ならではの過去実績に基づく個別性の高い情報提供を行うなど利便性の高いサービスを提供し、より多くの人と組織のマッチングを実現してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

http://www.inte.co.jp/corporate/other/inquiry.html